トップページ事業内容 表面実装
株式会社 橋電 トップページ 株式会社 橋電 事業内容 株式会社 橋電 品質保証体制 株式会社 橋電 環境活動 株式会社 橋電 会社概要 株式会社 橋電 リクルート 株式会社 橋電 問い合せ 株式会社 橋電 リンク
株式会社 橋電 事業内容 株式会社 橋電 事業内容 表面実装
◆◆ 表面実装とは ◆◆

表面実装
ハンダ印刷

ハンダ印刷検査

部品装着
(チップマウンター)

プリント基板の表面にLSIチップなどの電子部品を直接ハンダ付けする技術。面実装技術とも呼ばれる。

 表面実装技術方式では、チップなど表面実装部品(SMD:Surface Mount Device)を装着するためのペースト状のハンダ(パッドあるいは接続端子と呼ばれる)をあらかじめ塗布したプリント基板を用意し、チップマウンターという専用の射出機でチップ等を装着する。その後、高温炉内で250度程度に加熱することでハンダを溶融させ、チップ等をプリント基板上に接合させる。

 従来は、リード線やチップの足などをスルーホール(部品穴)により基板を貫通させた上で裏面にハンダ付けする「ピン挿入方式」(Through Hole Mounting Device)が使われていた。

 表面実装技術方式を用いることで、ピン挿入方式で必要だったスルーホールが必要なくなり、部品の小型化、実装密度の増大、基板の小型化などが可能となった。また、多層基板では配線の自由度が高まった。


ハンダ溶融(リフロー炉)

外観検査
  ▲ページトップへ

実装工程設備一覧
▲ページトップへ

◆◆ 実装工程紹介 ◆◆
▲ページトップへ
株式会社  橋 電  HASHIDEN Co.,Ltd.

 Copyright (C) 2008 Hashiden Co., LTD All Rights Reserved.